「学ぶ」の その先へ。
星野ゼミでは、データサイエンス・統計学・機械学習など実証的なアプローチを用いて、経済・マーケティング・経営・社会・人間行動を研究しています。

星野ゼミについて

マーケティングと統計解析について、オン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じて理論と実践をバランス良く学ぶことを目的としています。

マーケティング

消費者へのヒアリング等、行動経済学の知見を活かしたマーケティング施策・戦略立案や需要・効果測定を研究できます。

ビッグデータ解析

星野教授の顧問先企業の膨大なデータを利用して、統計学・機械学習などのいわゆるビッグデータ解析を学べます。

オン・ザ・ジョブ・トレーニング

座学だけでなく、解析コンペやマーケティング大会、企業と共同研究等、外部と連携したプロジェクトに参加し、様々なフィードバックを受けることを求めます。

ゼミ活動

本年度は毎週火曜日3〜4限に本ゼミ、5限にサブゼミが実施されています。

本ゼミ

多種多様な分野を学びます。星野教授による心理学、マーケティング、機械学習などに関する講義をメインに、大学院生によるプログラミングの講義、企業の方による講演などもあります。

サブゼミ

ゼミ員は行動経済学・マーケティング班とデータ解析班に分かれ、自分の興味のある研究に自由に取り組んでいます。両班が合同で行なっている研究もあります

論文

過去の三田論などはこちらのページにて公開しております。

メンバー

ゼミ員の紹介はこちらです。

最新情報

ゼミの最新情報はこちらにて公開しております。

最新情報

企業との共同研究など、プロジェクトに関する情報はこちらにて公開しております。

指導教員

星野崇宏教授は、統計学・行動経済学・マーケティングの専門家で、国内トップレベルのデータサイエンティストとしても知られています。
これまで、統計学・計量経済学・心理学の基礎研究と、マーケティング・脳科学・公衆衛生など、様々な分野への応用研究を行ってきました。 最近では行動変容を促すための行動経済学とAIを融合した新たなアプローチへの挑戦もされています。

星野 崇宏
Takahiro HOSHINO
星野 崇宏

2004年3月東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。博士(経済学)。情報・システム研究機構統計数理研究所、東京大学教養学部、名古屋大学大学院経済学研究科などをへて、慶應義塾大学経済学部教授。シカゴ大学客員研究員、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院客員研究員などを歴任。行動経済学会常任理事。マーケティング・サイエンス学会理事。45歳未満の研究者に政府が授与する最も権威のある賞である 日本学術振興会賞を受賞(2017年)。ほかに日本統計学会研究業績賞など受賞多数。
主な業績として”Semiparametric Bayesian Estimation for Marginal Parametric Potential Outcome Modeling: Application to Causal Inference”, Journal of the American Statistical Association, 2013, 108, 1189-1204.『調査観察データの統計科学:因果推論・選択バイアス・データ融合』岩波書店, 2009,など。

理化学研究所AIPセンター 経済経営情報融合分析チームリーダーを兼任。

星野崇宏教授の個人HPは こちら

研究者・一般の方へ

研究内容は多岐にわたっておりますが、統計学と心理学をバックグラウンドに、これまで統計学・計量経済学・心理学の基礎研究、およびマーケティング・行動経済学・脳科学・医学・公衆衛生など様々な分野への応用研究を行ってきました。

これまでは基礎研究としては一般的な統計的因果推論の研究を中心に行ってまいりましたが、今後は特に経済社会現象に焦点を絞り、よりメカニズムを考慮した解析手法や評価手法の開発に取り組みたいと考えております。経済社会現象に関わるデータを説明するにあたって、現状の統計モデルは社会の構成要素たる非合理な人間の傾向を考慮しておらず、結果としてあまり予測力や説明力が高いものになっておりません。私は行動経済学や心理学の知見を導入し、また意思決定に関わるプレーヤー間の読み合いなど産業組織論的な要素も考慮した、新しい計量経済学のモデルの開発を目指して研究しております。

さらに最近では行動経済学の知見と機械学習を融合させ、個人ごとに最適な介入を行い行動変容を促す取り組みを始めており、マーケティングでのレコメンデーション、医学分野での健康維持行動への介入、服薬コンプライアンスの向上など様々な応用研究を実施しています。

また、その成果をマーケティングや経営学、労働経済学や教育経済学など様々な分野に応用していきたいと考えております。

ゼミを希望する学生へ

指導教員はこれまで統計学・計量経済学・心理学の基礎研究と、マーケティング・行動経済学・脳科学・公衆衛生など様々な分野への応用研究を行ってきました。以前在職していた名古屋大学経済学部ではマーケティングのゼミを担当しており、顧問先や共同研究先の企業から提供頂いた購買履歴データ、市場調査データやSNSデータを利用したり、学生を対象とする調査や経営者・担当者へのインタビュー、あるいはケーススタディなど様々な情報源を用いた実証的なマーケティング施策・戦略の立案や需要予測、効果測定などについての卒業研究を指導しました。この度着任するにあたって、本経済学部の学生の皆さんの関心と将来のキャリアパス形成に最大限配慮し意義ある研究会を立ち上げたいと考えております。下記に記載したような分野に関心のある学生は指導可能です。

基礎的な分野

  • 統計学と計量経済学
  • いわゆるビッグデータ解析(統計学と機械学習の中間領域)
  • 行動経済学と心理学(ヒトの非合理性と行動の傾向の理解)

応用的な分野

  • マーケティング、対象としては金融、消費財メーカー、小売業、Webサービス、政府公共機関、NPOなど
  • 行動経済学の応用、特に企業・組織の経済学への応用
  • 人的資源管理や組織行動など経営学
  • 流行や同調など社会現象の経済学的理解
  • 教育や医療などの応用計量経済学

上記はバラエティに富んでいますが、データ、統計学、数理モデルなど実証的なアプローチを用いた経済・経営、社会、人間行動についてであれば対象は限定しません。

研究会ではまず基礎固めとして各人の関心に従ってグループ単位で統計学と計量経済学、マーケティングや経営のための経済学、行動経済学や心理学などの基礎的な文献について輪読や発表、討議をします。座学だけではなく、学外の何らかのプロジェクトに参加することで学ぶオン・ザ・ジョブトレーニングが非常に有効だと考えており、各自の関心分野のプロジェクトに割り当てたいと考えます。学部演習では計量経済学や計量的なマーケティングの講義と実習を行いますので、それらに参加することを推奨します。

入ゼミについて

2019年度入ゼミに関する情報はこちらで随時発表予定です。 Twitterアカウント( @hoshinoseminar)でも発信しますので、ぜひフォローしてください。
また、 経済学部ゼミナール委員会のサイトも併せてご覧ください。

2019年度 オープンゼミ

2019年度の入ゼミを希望する方向けのオープンゼミが下記の日程で2回開催される予定です。
いずれの回も同様の内容で実施する予定です。どちらかご都合の良い日にご参加ください。
また、会場内で行動経済マーケティング班と解析班に分かれて実施する予定です。参加を希望される方は、当日どちらに参加するかを考えておいてください。

第1回

日時:2018年11月27日(火) 4限(14:45-16:15)
場所:三田キャンパス(教室未定)

第2回

日時:2018年12月4日(火) 3限(13:00-14:30)
場所:三田キャンパス(教室未定)

オープンゼミ内容

星野ゼミにおける普段の雰囲気や活動内容を感じていただくためのグループワークを実施します。
また、グループワーク前にはゼミで現在行われているプロジェクトの活動内容紹介も行います。

2019年度 教授説明会

日時:2018年12月20日(木)昼休み (12:25~12:50頃)
場所:日吉キャンパス 独立館 D201教室
星野先生のお話を聞くことができる貴重な機会です。ぜひご参加ください。

[NEW!] 2019年度 第3回入ゼミ説明会

日時:2019年1月12日(土)13:00~17:00
場所:三田キャンパス 会場未定
経済学部ゼミナール委員会の発表もご確認ください

入ゼミ試験

レポートの課題 + 成績表 + エントリーシート + 面接の4つから総合的に判断します。
マーケティング班、解析班合わせて18名ほど募集する予定です。
詳細情報は追ってこちらに掲載いたします。

過年度の入ゼミレポート課題

参考までに、2018年度入ゼミ課題の内容をご用意しております

FAQ

ゼミの雰囲気や活動内容について

Q. 星野先生はどんな方ですか?
A. 笑顔の絶えない優しい先生です。データサイエンティストとして国内トップクラスの研究者でありながら、ゼミ員各自の研究内容に対して熱心なアドバイスをして下さいます。ゼミでは行動経済学や計量経済学、マーケティングに関する最先端研究に関して楽しく分かりやすく講義してくださいます。
Q. 就職に強いゼミですか?
A. 1期・2期の卒業生は商社、外資コンサル、航空会社、監査法人、IT企業、メーカー、メガベンチャーなどといった各業種の名だたる企業へ就職しています。
Q. ゼミでわいわいするんですか?
A. 月1回程度飲み会をしています。飲みサー所属のゼミ員によると、「しっぽり」飲みます。
Q. ゼミ合宿はありますか?
A. 例年開催されています。2018年度は9月に、那須塩原にて2泊3日の合宿を行いました。
Q. ゼミの場所はどこですか?
A. 今年度は三田キャンパス西校舎513教室で活動しています。
Q. パソコンは使いますか?
A. 解析や論文作成のため、パソコンの持参は必須です。OSやメーカーは特に指定しませんが、最低でも統計解析ソフトRが使える程度のストレージは必要です。
Q. プログラミングの経験が全くないのですが、大丈夫ですか?
A. 大丈夫です。プログラミング未経験で入ゼミしたメンバーも多数います。入ゼミ時は未経験であっても、サブゼミの活動などを通じて習得していくことができるので安心してください。
ゼミには統計解析・機械学習・プログラミングなどに詳しいメンバーが複数在籍しているため、何か分からないことがあった場合にはすぐに教えてもらうことができる環境です。
Q. 解析以外のプログラミング経験はあるのですが、活躍できますか?
プログラミングの経験をお持ちの方はスキルを活かして様々なプログラムを書く機会があります。統計解析に限らず、サーバサイドの知識(UNIX系OSの利用、AWS等のクラウドサービス活用、データベースの運用など)といったWeb系のスキルが役に立つ場面も多々あります。
参考までに、星野ゼミにおける研究で使用された(あるいは使用が検討された)ことがある言語・ツールなどを挙げます。
R, Python, SAS, STAN, SQL, Hadoop, Spark, AWS(EC2、S3、Athena), JavaScript(Node.js)

入ゼミについて

Q. 倍率はどのくらいですか?
A. 2018年度は約4倍でした。たくさんの2年生の志望をお待ちしております!
Q. 数学が苦手(タイプBなど)でも大丈夫ですか?
A.ゼミでは分析手法の習得を優先しています。理論的背景を星野先生に優しく教えて頂けます。もちろん入ゼミ後の勉強は必要ですが、現時点では問題ありません。B方式入試などの学生も在籍しています。
Q. 他学部生やPEARL生の入ゼミは可能ですか?
A. 可能です。2018年度は3年生4名(商学部2名、文学部1名、PEARL1名)、4年生1名(法学部)が在籍しています。
なお、2019年度入ゼミより事前登録が必要になったとのことですので、不明な点は経済学部ゼミナール委員会へお問い合わせください。
Q. 体育会・資格試験・留学は認められますか?
A. もちろん認められています。制約時間で効用最大化する参加をしてください。体育会所属、公認会計士資格受験者、留学予定者などは毎年在籍しています。
Q. サブゼミへの参加は必須ですか?
A. サブゼミでは主に週一回、プロジェクトごとの話し合いや統計解析手法の勉強をしています。解析班のメンバーや企業への解析バイト派遣希望の学生も必須です。また、ゼミ生には解析コンペやビジネスコンテスト、企業、地方自治体などといった外部と連携したオンザジョブのプロジェクトへの参加を求めます。

お問い合わせ

メールまたはTwitterで随時受け付けております。 メールの場合、[at]を@に変えて送信してください。

Twitter

@hoshinoseminar

LINE@

@hnz9025t
@hnz9025t

メール

ゼミ生管理: keiohoshinoseminar[at]gmail.com
星野教授: bayesian[at]jasmine.ocn.ne.jp
教授の個人HPは こちら