解析Aコース

コース紹介

近年注目度の増すデータサイエンスに関して、主に理論的な研究を行っています。 私達は、様々な企業で得られる『生きたデータ』にゼミで学ぶ解析技法を用い、企業の課題解決の支援を行っています。

成績表 + エントリーシート(願書) + レポートの課題 + 面接の4つから総合的に判断します。

入ゼミの詳細

ESについて

  • 経済ゼミナール委員会のESではなく、星野研究会独自のESを使います。
  • 証明写真ファイル名:星野ゼミ_証明写真_M/A_氏名.pdf (M/Aの部分は、志望コースをご記入ください。M=マーケ, A=解析A)
  • ※氏名に関して、苗字と名前の間に空白をいれないで記載してください。
  • 提出期限は2/18 23:59です。
  • ESは以下のGoogleFormに記入して提出してください。
  • 提出時に不具合が発生した場合は、【keiohoshinoseminar[at]gmail.com】([at]を@に変えてください。)にkeio.jpのメールアドレスを使用して連絡してください。

課題レポートについて

問題

企業や政府等がこれまで行った施策の効果を検証するためには、どのようなデータを取得し、どのような解析を行えば有効であるか、仮想的な例を考えて説明してください。

注意事項

  • 書式の指定はありませんが分量は【A4で最大3枚(図表含む)】です。ただし参考文献リストにかぎり4枚目以降に記載しても構いません。
  • ファイル名は『星野ゼミ_レポート_A_氏名.pdf』として、PDFファイルにて提出してください。
  • レポート本文に関して、学籍番号・名前等の受験者情報の記載は不要です。
  • 提出期限は2/28 23:59です。
  • レポートは以下のGoogleFormに記入して提出してください。
  • 提出時に不具合が発生した場合は、【keiohoshinoseminar[at]gmail.com】([at]を@に変えてください。)にkeio.jpのメールアドレスを使用して連絡してください。

成績表について

  • 2022年3月10日開示の【2年生秋学期の成績表】をパソコン上で表示し、PDFにしたものを提出してしてください。
  • ファイル名は『星野ゼミ_成績表_A_氏名.pdf』として、PDF形式で提出してください。
  • 提出期限は3/10 23:59です。
  • 成績表はレポート提出確認メールに添付されているGoogleFormに提出してください。
  • 留学した者は留学先の成績表も必ず提出してください。なお、単位の取得有無だけではなく、具体的な成績が分かる成績表を提出してください。
  • 提出時に不具合が発生した場合は、【keiohoshinoseminar[at]gmail.com】([at]を@に変えてください。)にkeio.jpのメールアドレスを使用して連絡してください。
提出フォームはレポート確認メールに添付されています。

面接について

  • 3/17~3/18の間で面接を行います。17、18日ともに空けておいてください。
  • もし面接日時に希望がある場合は理由(留学など)を添えて、【keiohoshinoseminar[at]gmail.com】([at]を@に変えてください。)にkeio.jpのメールアドレスを使用して連絡してください。
  • 詳細に関しては、別途メールでご連絡致します。

Tips

初学者用参考書について

解析Aのレポートは、解析という専門性が高い学問の割にレポートの題目は抽象的で何を勉強してよいかわからない志望者もいると思います。 なので、レポート執筆のはじめの段階で読むべき推奨参考書を7期解析A班のみなさんに聞いたので、以下に列挙します! ぜひ参考にしてみてください!

注意事項

  • すべてのゼミ員がこの参考書を読んでるわけではなく、 紹介した本全て読んだからといって必ず合格できる保証はできません。 あくまでも一例として参考にしてください。
  • 公平性の観点から参考書の内容に関する質問は基本受け付けません。ご了承ください。
  • 他コースで参考文献を紹介する予定は現時点ではございません。

参考書

FAQ

Q. プログラミングの経験が全くないのですが、大丈夫ですか?
A. 問題ありません。プログラミング未経験で入ゼミしたメンバーも多数います。
Q. 数学が苦手(タイプBなど)でも大丈夫ですか?
A. ゼミでは分析手法の習得を優先しています。理論的背景を星野先生に優しく教えて頂けます。もちろん入ゼミ後の勉強は必要ですが、現時点では問題ありません。B方式入試などの学生も在籍しています。

お問い合わせ

メールまたはTwitter、Lineで随時受け付けております。メールの場合、[at]を@に変えて送信してください。

Twitter

@hoshinoseminar

LINE@

@hnz9025t
@hnz9025t

メール

ゼミ生管理: keiohoshinoseminar[at]gmail.com
星野教授: bayesian[at]jasmine.ocn.ne.jp
教授の個人HPは こちら