リクルートマーケティングパートナーズ様と共同研究を行っているスタディサプリ班の杉渓、柳の2名で星野先生と一緒に中間報告を行いました。

行動経済学的視点から杉渓、データ解析の視点から柳がそれぞれ提案を行った結果、ゼミ生の提案が先方にも大変好評でフィージビリティスタディを経てサービスインされる可能性が高まるなど、今後に向けて実りの多い報告になりました!

今回の先方の要望を踏まえて、次の発表に向けてさらに洗練された知見を提供できるよう研究を進めていきます。

image
image